株式会社Remado

ライフライン事業

電力自由化により、電気料金が今までよりお得にお使いいただけるようになっております。サービスの仕組みや、内容はなんでも聞いてください。

電力自由化の仕組みとメリット


2016年4月から電力自由化に伴い、電力会社を自由に選べるようになりました。
今までは日本政府が電気料金を規制する事を条件に地域の電力会社が高圧を除く電気事業を独占してきました。
非常に効率的な仕組みで皆さんも助かっていたのではないでしょうか。
しかしバブルが崩壊し経済が低迷していくと、電力事業が高コストである事や外国との料金格差が指摘されるようになり、
今後は自由な競争が必要だという政府判断のもと2000年から大型ビルやデパートの特別高圧から徐々に自由化され、
段階を経て今年2016年4月から一般家庭や小規模事業所の電力が自由化されました。
ただ生活しているだけでかかってくる電気料金ですので、安い電気料金プランや電力会社へ切り替えるだけで
毎月の支出が減るのは我々消費者にとっては嬉しい事ですよね。


従来からの地域大手電力会社のほかに、多くの会社から電気の供給元を選ぶことが出来るようになりました。
電気の価格一本で勝負する電力会社や、携帯電話料金やガス料金、その他サービスとの「セット割り」でお客さんを獲得しようとする電力会社。
本当に様々なプランと会社があります。もちろん従来からの大手電力会社も負けてはいません。
対抗プランを打ち出して従来のプランよりも価格や様々なサービスでメリットを打ち出していますので、
大手電力会社でもっとお得なプランに変更するという選択肢が加わりました。


こんなに魅力的な電力会社の乗り換えですが、「安いからすぐ停電になりそう」「電気の質が悪そう」という声もあります。
しかし、今より停電しやすくなったり、電力供給が不安定になる事はありません。電力自由化後も今まで通りに地域電力会社の送電網を利用すること、発電手段は様々な種類がありますが、電気に種類はないので、「品質が落ちる」または反対に「品質が良くなる」という事もありません。万が一ではありますが「新電力が倒産」した場合も、地域の大手電力会社が送電を代わりに行うというバックアップ体制が構築されているので、停電にはなることはありません。そして、そのまま大手電力会社と契約しても良いですし、別の新電力会社と契約しなおせばよいというのも電力自由化の魅力の一つです。


新電力についてもっと詳しく知りたい方はぜひRemadoまでご連絡ください。
実際にどのくらい安くなるのかシミュレーションを行うこともできますよ。

株式会社Remado
☎ 096-342-6491

お問合せはこちらから