株式会社Remado

キャッシュレス決済


キャッシュレス決済




2025年までにキャッシュレス40%を掲げる日本
キャッシュレス決済とは、商品を購入する際に、クレジットカードや電子マネー、口座振替を利用して、紙幣・硬貨といった現金を使わずに支払い・受け取りを行う決済方法のことです
キャッシュレス決済とはいっても、今まではクレジットカードや電子マネーが主流でしたが、昨今では、QRコードや、スマートフォンに表示されたバーコードを専用端末で読み取ることで決済完了する方式が普及し始めています。

スピーディーでスマートな決済方法として、シンガポールや中国、インドネシアでは今主流となっており、最も注目を集めている決済手段で、日本でも導入が進められています。



導入のメリット


釣銭を減らせる
釣銭の管理や、準備が手間となっている店舗もあるのではないでしょうか。
扱う現金が減ればレジ締めの作業量を減らすことにもつながります。
また、防犯上、レジに大金を保管しておくのは危険です。

キャッシュレス化されることでお店に置いてあるお金が減れば、強盗などに狙われるリスクも下がります。

決済用端末等を購入する必要がない
これまでは新しい決済方法を導入することにより、決済用の端末の購入やレンタルをする必要がありました。
それに対し、キャッシュレス決済ではスマホなどの手に入れやすい端末を一台用意する、
または、印刷したQRコードをレジ前に設置しておくだけで利用可能となります。
とても手軽に導入することができますし、気に入らなければ導入を取りやめることができるなど、導入のハードルは低いと言えるでしょう。


海外からの観光客の集客ができる
中国ではQR決済サービスアプリがしのぎを削りあっています。
中国人にとっては日本円よりも使い慣れている決済サービスの方が利便性が高いので、キャッシュレス決済のステッカーがあるだけでもお店に関心を持っていただけるようです。
逆に、キャッシュレス決済に慣れているので、これらが使えないと不便に感じる中国人観光客もいます。

キャッシュレスで無駄がなくなり、効率化されることで、使える時間が「増える」ことになり、新たな時間の使い方やコミュニケーションが生まれていくことでしょう。