株式会社Remado

新電力に乗り換えるメリットとデメリット

605 views
約2分

2016年4月から始まった電力自由化。これまでは電力会社に選択肢などありませんでしたが、地域によっては数十社を超える新電力の中から、好きなプランを選べるようになりました。乗り換えに興味のある人も多いと思いますが、実際に電力会社を乗り換えることでメリットやデメリットはあるのでしょうか? メリット ①電気料金が安くなる 新電力に乗り換える最大のメリットは、電気料金が安くなるということです。電力各社はお客さんに選んでもらうために、熾烈な価格競争が繰り広げています。弊社が取り次いでいる新電力に切り替えると、2~5%の割引が受けられます。(地域によって異なります。)年間でみると、かなりお得になりますね。 ②電気の品質は変わらない 安くなる、と言われると心配になるのが「停電」のリスクです。これについては心配する必要はありません。全ての電力会社が同じ送電網を使うので、特定の電力会社だけ停電が増える、ということは全く無いです。自分の家が停電していれば、周りの家も同じように停電しているはずです。また、仮に契約していた新電力が倒産したとしても、すぐに電気が止まってしまうことはありません。制度上、ちゃんと守られるようになっています。 デメリット ①解約に違約金が発生する場合も やはり以前の電力会社に戻したい・・・そう思うこともあるかもしれません。弊社が取り次いでいる新電力の場合、3年ごとの更新で、更新月以外に解約をしてしまうと違約金が発生いたします。 ②紙の請求書(検針票)が有料 これまで来ていた紙の明細書は有料となりますが、代わりにWebでマイページを持つことになります。こちらは無料ですし、過去の電気料金をグラフで見ることができるなど、これまでよりも管理がしやすくなります。むしろ、メリットと捉えていただけるかもしれません。以上、本日は新電力のメリットとデメリットについてご紹介しました! 株式会社Remado(リマド) 熊本市中央区神水2丁目10-23-3F TEL.096-285-1063 メールでのお問合せはこちら

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)