株式会社Remado

, …

IoTってなに?

663 views
約3分

IoTってなに?
最近、よく耳にするようになってきた「IoT」

今回は、このIoTについてのお話です。

IoTと聞くと、インターネット?スマート家電?という単語が頭に浮かぶ方が多いのではないでしょうか?
まず、IoTとはなにか?というところから一緒に学んでいきましょう。


IoTとは、Internet of Things 頭文字をとってIoT。
つまり、「モノのインターネット」ということです。
「o(アルファベットオー)」だけ小文字表記なのはなぜ?と、気になっていた私も理解ができました。


「モノのインターネット」と聞くと、スマート家電が連想されますが、スマート家電もIoTのひとつ。
今や、家電業界が次から次へと便利なスマート家電を発売してます。

スマート家電の仕組みとしては、家電が家のWi-fiにつながり、専用のスマートフォンアプリ等を利用し、遠隔操作や、遠隔管理、
さらには、電化製品自体が利用者の利用時間などを分析し、エコ運転等の実施が可能となるようです。

どのような家電があるのかというと、

例えば照明器具
スマートフォンやタブレットで明るさを調整できるのはもちろん、家庭内の電気の使用状況に合わせて、明かりを自動で調節するなど、
節電する機能が付いているものまであるようです。

また、冷蔵庫では内蔵カメラを使用して外出先からも冷蔵庫内の状況をチェックすることが可能です。
食材の在庫状況を把握し、こんな食材を買い足せばこんな献立が作れるなんていう提案をしてくれるものも発売されているようです。
買い物に出かけるときに買うものをメモする手間が省け、買い忘れなどがなくなりそうですね!


そして、私があったらすぐ使うなと思ったのが、エアコンです。
外出先から電源を操作したり、温度調整したりすることが可能です。
またエアコンを使いながら外出するような状況では、室温が高くなりすぎたり、冷えすぎたりした際に通知する機能を備えた物や、
電力消費がピークに達する時間帯になると自動で節電モードに設定してくれるものもあるようです。
これから寒くなる季節、帰宅したら、お部屋がぬくぬく暖まってると幸せですよね!


ご紹介した家電製品の他にも、洗濯機や、監視カメラ、施錠、更には、家の家電まるごと管理ができるスマートホームと、
さまざまな製品が発売されています。



「なんて便利な世の中なんでしょう!!」
と、思ったのは私だけではないはずです。



ただ、スマート家電には、まだまだ課題があります。
それは、異なるメーカーによる製品間の連携です。

連携のための開発が進められてはいるようですが、連携の目途はたっていないということです。
利用者側としては、連携されて、一括管理なんてことが可能となることを望むばかりです。
これが可能となったら、一気にスマート家電を取り入れる家庭が多くなるのではないでしょうか。


今回主にご紹介したスマート家電は、IoTの一部に過ぎません。
これからどんどん進化し、生活にインターネットが欠かせないものとなっていくでしょう。

将来的には、スマート家電によってネットワークが構築され、様々な生活用品と有機的に連携できるようになることが期待されています。
今のうちから、IoTへの関心を高め、今後の未来に備えておきたいですね。


株式会社Remado(リマド)
熊本市中央区神水2丁目10-23-3F
TEL.096-285-1063
メールでのお問合せはこちら

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)