株式会社Remado

iOS14

58 views
約5分
iOS14


iPhoneユーザーの皆様~
9月17日に配信されたiOS14アップデートされましたか?
今回はiOS14の機能をまとめてみました📱


まず、iOS14対応のiPhoneは以下の通りです↓
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE (第1世代)
iPhone SE (第2世代)
iPod touch (第7世代)
A9チップを搭載したものであればアップデートが可能です。






ウィジェット


ウィジェットを使用すればアプリを起動しなくてもカレンダーの予定や天気などの情報をタイムリーに確認できることができます。
また、「スマートスタック」という時間帯に応じて自動で表示するコンテンツが変わる機能も搭載。
ウィジェットは10個まで重ねることができ表示されるウィジェットは自動で変更、上下にスワイプすることで手動で変更することもできます。
ウィジェットは複数のサイズが用意され、ホーム画面に追加するときは自動的に整列されます。









背面タップ


iPhoneの背面を指でトントンとタップすると、モーションセンサーで動きを探知して、コントロールパネルやSiri、スクリーンショット、アプリを起動など、あらかじめ割り当てた操作をすることができます。
ダブルタップとトリプルタップそれぞれに操作を割り当てることが可能です。




Appライブラリ


目的のアプリをシンプルな操作で探しやすいように自動でカテゴライズしてフォルダに収納されます。アルファベット順・50音順に並べたリストから探したり、検索ワードで探すこともできます。
また、ホーム画面の特定ページやアプリを非表示にすることも可能になりました。
インストールはしたけどホーム画面には表示させたくないなぁ…というアプリを非表示にしたり、特定ページごと非表示にすることでホーム画面のページ数を減らし整頓することができます。





ピクチャ・イン・ピクチャ


ビデオ通話のFaceTimeや動画を見ながら他のアプリを操作できます。
映像は小さいウィンドウで表示されどこの画面に移動しても表示が可能。映像を非表示にして音声だけ流すことも可能です。





コンパクトデザイン


今までは着信画面はフルサイズで表示されていました。着信がくると強制的に作業が中断されストレスを感じていた方もいたと思います。
iOS14では着信画面がディスプレイ上部にバナー形式で表示されコンパクトなデザインになりました。Siriも同様にコンパクトになります。





Siri


知識は3年前と比べて20倍に!!
ウェブ上にあるさまざまな情報をもとにさらに幅広い質問に回答してくれたり、ボイスメッセージを簡単に送信することができるなど
コンパクトになったSiriはパワーアップしています。





新機能が増えてとても便利になったようです📱
使いこなせるようにいろいろ試してみてiPhoneマスターを目指してみましょう😆




株式会社Remado(リマド)
熊本県熊本市中央区桜町1-25
TEL.096-342-6491


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)