株式会社Remado

スマートメータって?

363 views
約 1 分

電力自由化が叫ばれて以降、「スマートメータ―」という言葉をよく聞くようになりました。

株式会社Remado(リマド)で提案しているハルエネでんきに切り替える際も、スマートメーターへの交換が必要となります。
特に立ち合いなども必要なく、いずれはどの家庭もスマートメーターに切り替わる時代になりましたので、交換に関して心配することは全くありません
でも、どうしてわざわざスマートメーターに移行していっているのでしょうか。今回はスマートメーターの特徴と、仕組みについてお話いたします。

スマートメーターとは何ですか?

スマートメーターは通信機能を保有した電気使用量を計測する装置で、遠隔での検針が可能になります。
電力自由化の報道では、よくスマートメーターの話題がでますよね。電力自由化で新電力会社のプランに変えるには、まずお家のメーターをスマートメーターに取り替える必要があります。

スマートメーターになると何が変わるのですか?

そもそもメーターは大きく分けて2種類あります。機械式メーター円盤がついているメーターです。
円盤が回転することで電気使用量を計測しています。
スマートメーター電気使用量の計測機能と、計測した数値の電送機能をもった新しいメーターです。スマートメーターで計測された数値は30分ごとに、送配電会社に送られます。
 スマートメーターは通信機能がついていることが大きな違いです。
今までは毎月電力会社の人が各家庭のメーターを確認(検針)しにきていましたよね?スマートメーターには電送機能がついているので、この作業が不要になります。
電気使用量の確認や電気を流すことのON/OFFの操作が、遠隔地からでもできるようになります。

スマートメーターが故障したらどうする?

スマートメーターは送配電会社の持ち物なので、故障した場合は、送配電会社が修理をします。

スマートメーターになると電気使用量が見える化されるんですか?

電気使用量の見える化も、電力自由化にともない話題になっているキーワードのひとつ。
私たち消費者からすると、スマートメーターになっただけでは、電気使用量は見える化されません。
各電力会社がサービスとして提供する予定の会員WEBサイトやアプリなどを使うことで、電気使用量がグラフなどのわかりやすい形で確認できるようになります。
株式会社Remado(リマド)がお勧めしているハルエネでんきでも、Webでの確認がとても便利です。(Web明細は無料!
毎月の電気料金をグラフで見ると、一年の使用量の変動がわかりやすく、節約にも役立ちます。

以上、スマートメーターについてご説明いたしました。
交換の際、手間のかかることはありませんし、PCで明細を管理できるなど、法人様、お店様にはとても便利だと思います。
新電力に切り替えるメリットは料金だけではなさそうですね!


株式会社Remado(リマド)
熊本市中央区神水2丁目10-23-3F
TEL.096-285-1063
メールでのお問合せはこちら

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)