株式会社Remado

宛名書き

371 views
約 1 分

個人的なシーン、ビジネスシーンどちらにおいても踏まえておきたい宛名書き。
突然手書きする時が来ても、しっかり書けるよう基本を覚えていきましょう。

■和封筒の宛名書き(表面)
【切手】
左上に貼ります。

【住所】
□郵便番号枠の右端に揃え一文字下げた辺りから書き始める。
 (郵便番号枠が無い場合も、右側に揃えて書きます。)
□住所が一行で収まらない場合は改行。区切りのよい箇所で改行しましょう。
 ※改行した際の書き出しは、一行目より一段下げたところから書き始める。
 ※改行の際、番地などの数字が分かれないようにする。
□ビル名、階数などは省略しないように注意。
□番地等の数字は漢数字で書きましょう。

【会社名・宛名など】
□住所より一文字下げた辺りから書き始める。
□会社名は省略しないこと。(株式会社を(株)など)
□所属部署名は一文字下げて会社名の次に書く。
□役職名が短い場合は名前の上に、長い場合は名前の右側に名前より小さめに書く。
□名前は中央に大きく書きましょう。

【敬称】
会社・部署などに宛てる場合 : 御中
個人に宛てる場合      : 
※返信用封筒付で、宛名が「○○○宛」となっている場合は二重線で消し、敬称を付けましょう。

■和封筒の宛名書き(裏面)
【住所・会社名・名前】
書き方には、中央パターンと左側パターンの2パターンがあります。
いずれも表面の文字より小さめに(名前は住所より大きめに)表面と同じようにバランスよく書きます。

封かん日を記載する場合は、左上となります。

■洋封筒の宛名書き(表面)
【切手】
右上に貼ります。
※和封筒(縦書き)の際と間違えないよう気をつけましょう。

【住所・会社名・宛名】
□郵便番号枠が無い場合は、左端から2文字くらいあけた辺りから書く。
□郵便番号枠がある場合は、基本的には封筒の右下になります。
□あとは洋封筒(縦書き)と同じように書いていきます。

■洋封筒の宛名書き(裏面)
□住所、会社名、名前は、下中央3分の1のスペースに書きます。
□封かん日は洋封筒(縦書き)と同じく、左上となります。

気をつける点はいくつもありますが、書き方次第で相手からの印象が大きく変わります。
丁寧に書くことはもちろん、書き始める前に送り先の住所や名前等に間違いが無いかも気をつけましょう。
相手を思って丁寧な封書を送りたいですね。








株式会社Remado(リマド)
熊本市中央区神水2丁目10-23-3F
TEL.096-285-1063

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)